今話題のn-アセチルグルコサミン|飛び抜けた効果を実感

食物繊維は血圧を下げる

錠剤

便秘の解消に

日本人は伝統的に根菜類や海藻など、食物繊維を多く含む食品を大量に摂取してきました。しかし近年では食生活が大きく変化し、食物繊維不足が一因となって、糖尿病や大腸がんが増えていると言われます。生活習慣病を防ぐためにも、意識的に食物繊維を摂取するよう注意しなければなりません。食事から十分な量が摂れないときは、サプリを活用することをお勧めします。食物繊維を含むサプリは、高血圧の予防にもなることが知られています。食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、不溶性の食物繊維は腸の蠕動運動を促し、便秘を解消するのに有効です。便秘は高血圧を悪化させる原因のひとつですから、間接的に血圧を下げる効果が期待できます。

ナトリウムの排出にも

水溶性の食物繊維には、さらに大きな高血圧改善効果があると考えられています。海藻類に多いアルギン酸や、果物に多いペクチンなどは、代表的な水溶性食物繊維です。これらの栄養素はサプリの成分としてもポピュラーなものです。水溶性食物繊維はカリウムと結合していることが多く、消化器官の中でカリウムを放出します。放出されたカリウムは血液中のナトリウムの濃度を低くする作用があります。日本人に多い塩分の摂りすぎによる高血圧は、このイオン交換反応で防ぐことができます。このほか食物繊維には、コレステロール値を高める胆汁酸の代謝を促進する作用もあり、さまざまな生活習慣病に効果を期待できます。原料が安いため、比較的安価なサプリが多いのも嬉しいポイントです。